ワンオフマフラー製作


 各種溶接 修理例はこちらから



ロータス エリーゼのマフラー製作例です。

オーナー様は「音質と音量」そして勿論「見た目」(笑)にも
拘っていて色々なメーカーの市販品やワンオフマフラーの
音を聞いてみても 1ZZの4気筒ではどうしても心惹かれる
マフラーは無く当社に相談頂き、今回製作させて頂きました。

~~~~以下オーナー様からのメールです~~~~
4000rpmから音が変化し超高音サウンドになります!!
V10やV12エンジン積んでる様なサウンドを奏でます。
他の音質に拘ってるマフラーサウンドよりも綺麗なビビりの
ない音質。想像以上の満足度です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と嬉しいお言葉を頂き、試行錯誤し各部に手間を掛けた
甲斐がありました。

遠方からのご来店有難う御座いました。


BMW F31 4本出し BMW 4本出し
BMW F31 320i のマフラー製作例です。

新車で購入されたばかりのBMWですが、オーナー様はスタイルに
非常に拘りがあり、アルピナの様なオーバル4本出しにしたいとの
熱い思いから、今回のマフラーを製作させて頂く事となりました。

出口の位置や高さなど何度も打ち合わせをし「元々4本出し」だったかの
ような仕上がりに大変満足して頂けました。
音も純正を気持ち大きくした程度で全く不快感が無い感じです。
お客様のご希望で、切断した純正のマフラー側にもフランジを付けて
簡単に純正マフラーが取り付けられるようにしています。
細かな部分まで妥協を許さないオーナー様でしたので
とても やりがいのある仕事でした(笑)
BMW ワンオフマフラー



シボレー ワンオフマフラー タホ マフラー製作
シボレー タホ のマフラー製作例です。

オーナー様が このお車を購入された時から付いていたスチールのマフラー
の状態?作り?がお気に召さなかったらしく、今回ステンレスで綺麗な
マフラーを作って欲しい とオーダーを頂きました。

打ち合わせ時に、テールを出す位置、角度、形状などに悩みましたが
最終的には画像のような チョイ悪? モロ悪??風に仕上げました!
元のマフラーは「ある意味」 関心する程?の作りでしたので(笑)
製作後はオーナー様に大変満足して頂けました。
シボレー タホ マフラー


カマロ マフラー製作 カマロ ワンオフマフラー
'69 カマロのマフラー製作例です。

コンクールコンディションの40年以上も前のカマロ!
「鉄」の音に拘っているので、あえてスチールで作って欲しい
とのご依頼で製作させて頂きました。
結果、「この年代のアメ車らしい音」に仕上がりました。



BMW M3 マフラー
E36 M3 ワンオフマフラー E36 M3Cのマフラー製作例です。

M3の場合、市販のマフラーも多数選べたのですが
オーナー様としては「カンカンした音の物ばかり」で
お気に召さないとの事で製作させて頂きました。

サブサイレンサーの内部構造を工夫して音量と排気
管としての特性を調整してあります。
メインサイレンサーは絞り無しで完全なストレート構
造で保安基準にも適合し 且つ 狙った音質に仕上げ
てあります。

「本物」を知っているオーナー様なので
○○みたいな・・・とかでは無くて
この車にはこの車に似合った音質がお好みだった
ようで、ご満足して頂けました。



アストロ マフラー アストロ ワンオフマフラー 製作
アストロ マフラー製作 シボレー アストロのマフラー製作例です。

非常に珍しいアストロのショートボディーのオーナー様より
マフラー製作をご依頼頂きました。

一般的にはリーフの内側からテールを出す方が無理は無く
製作も楽なのですが、「リーフを またいで外側から真後ろ
斜め下にテールが向くように」とのご用命で、ローダウンし
てあり リーフが水平程度まで沈み込む車両とショートボディ
ーの狭いスペースが相まって少々手間が掛かりました。

製作後にオーナー様からは「他店でもスペースの問題で製
作を断られたので無理かと思っていたけど、自分の理想通
りの形です!」と大満足して頂けました。



C3 コルベット マフラー コルベット マフラー製作
コルベット C3 マフラー製作例です。

左右出しマフラーの場合、左右のバランスに非常に気を使いま
すが、その固体にあった最も自然で美しい取り回しで
製作致します。

リフトから降ろしてしまえば見える所では無くてもオーナー様の
拘りがあれば手間は惜しまず製作致させて頂きます。




BMW E46 マフラー E46 マフラー製作
ALPINA B3Sのマフラー製作例です。

アルピナのオリジナルでは左2本出しのマフラーエンドでしたが
左右4本出しにして迫力のあるスタイルと「もう少し音が欲しい!」
とのご要望で製作させて頂きました。

スペース上 右側にはサイレンサーが収まるスペースを確保出来な
い為、左側にサイレンサーを2個仕込み左右に振り分ける取り回し
で製作致しました。
オリジナルではエキマニ後 完全に一本物で作業性が良くないので
途中フランジを設けて、その後を製作してあります。



コルベット ワンオフマフラー 製作 エキゾースト バルブ
コルベットのマフラー製作例です。

普段はV8サウンドを官能しながらも、自宅などでの暖気中にはご近所様にご迷惑が掛からぬように音量調整用の
バルブを仕込んでの製作になりました。
触媒後には流量調整バルブ、出口手前にはカットオフバルブを取りつけて音量をコントロールしています。
テールエンドはお客様持込で拘りのANSAです。



LOTUS Exige マフラー ロータス チタンマフラー
ワンオフ チタンマフラー ロータス エキシージマフラー製作例です。

オールチタンなので軽量目的なのは当然
ですが、エンジン特性や音質改善の為に
デュアルサイレンサータイプにて製作
しました。
限られたスペースで消音と性能アップは難
しいですが、完成したマフラーは 音量も
かなり抑えられるように工夫してあります。

オーナー様が・・・
「これで助手席からも苦情が来ません!」
と、言ったとか言わないとか・・・



チタン マフラー ワンオフ チタンマフラー製作
FC3S チタンマフラーの製作例です。
FC3Sでチタンマフラーを製作させて頂きました。
今まで、某メーカーの市販品チタンマフラーを装着されていたオーナー様ですが、サイレンサーの角度や音量(音質)
などがお気に召さなかったらしく、今回のワンオフ製作となりました。
サイレンサーは一般的な砲弾タイプをご希望だったのですが、音量を考慮するとある程度の大きさになりスペース確認
の作業をしている時に「新品のデュフューザーだけは削らないで下さい!」と念を押されました(笑)
安心して下さい! それが現車合わせのワンオフですから!!


FD マフラー製作 FD3S ワンオフマフラー
FD3Sのマフラー製作例です。
基本はサーキット走行の為に購入された車らしいのですが、たまに普段の足にも使用する事や近隣住宅への配慮など
から、「抜けが良くて音量控えめ」それと「もういい歳なので出口も控えめで・・・」とオーダー頂きました。
メインパイプは90Фにて製作し大容量のサイレンサーを使用しています。
FD3S用の一般的な市販マフラーの出口は100Ф~115Фの口径が現在も主流ですが、
今回は あえて90Фにて製作致しました。



ロータス チタンマフラー ロータス エキシージ エリーゼ マフラー
ロータス エキシージのマフラー製作です。

ライトスポーツなロータスですが純正のマフラーは かなりの
重量なので、オールチタンで軽量なマフラーを製作しました。

サイレンサー容量も十分な為音量もかなり控えめです。
それでいて排気効率を落とさぬように完全ストレートですの
で高回転時には心地良い快音が響きます。

ワンオフ チタン マフラー



ボルボ マフラー製作 ワンオフ ボルボ マフラー作成
ボルボ S40 のマフラー製作です。

市販品ではオーナー様のお気に入りのマフラーが見付からなかったらしく、オーソドックスな砲弾タイプの
サイレンサーを使い リヤピースマフラーを製作致しました。
抜けは勿論最高で、一緒に製作したインナーサイレンサー装着で保安基準にも適合する音量です。 



2本出し マフラー ワンオフ 左右出し マフラー
ウィッシュ マフラー製作 TOYOTA ウィッシュのマフラー製作です。

標準のマフラーは右側一本出しのウィッシュですがファッション性
を考えたオーナー様から左右2本出しで製作して欲しいとのご要望
があったのでこの様なマフラーを製作しました。
音量を控えめにする為、容量のあるオーバルサイレンサーを使い
さらに「サイレンサーが後ろからあまり見えないように」とのご希望
もあって出口をオフセットしています。
もともと左側にはマフラーが無い為にサイレンサーのスペースが
あまりなく、画像ではスペアタイヤと接触しているかのように見え
ますがちゃんとクリアランスはとってあります(笑)
かなり ’オシャレなリヤビュー’になりました。



4本出し マフラー製作 ワンオフ 4本出し
MR2 SW20ターボのマフラー製作です。

SW20の純正マフラーレイアウトは かなり大きめのサイレンサーが横置きになっているのですが個性的なマフラーを
望んでいたオーナー様が「砲弾サイレンサーの4本だし」をご希望だったのでこのような形状にて製作しました。
バンパー下のエプロン部分をカットしてリヤ廻りをすっきり見えるようにし
そこから内外段違いで出る4本だしテールはかなりインパクトがあります。



C4 コルベット マフラー コルベット C4 4本出し
コルベットC4のマフラー製作例です。

純正マフラーをデフ後ろあたりでカットして、その部分よりフランジ式にて4本出しリヤピースを製作しました。
オーナー様のご希望は「迫力のリヤビューとV8らしい音」だったのでリヤ部分にはサイレンサー無しの90Ф
4本出し斜切での製作となりました。
触媒もセンターサイレンサーも純正なので程よくアメ車らしい迫力の音になりました。



ステンレス マフラー 製作 グロリア ワンオフマフラー 
ワンオフ SUSマフラー PA30 グロリア
グロリア PA30 マフラー製作です。

昭和44年式のグロリア(通称タテグロ)のマフラー製作のご依頼を頂きました。
この車はエンジンをL20に改装してあったりするので、それに見合ったマフラーを製作してほしいとのご希望でした。
フロントサポートよりの製作になったのですが、これに合うフランジが見つからなかった為、まずは9mm厚のフランジを
製作し、そこから長さを稼いだ42.7Ф→50Фの2in1サポートパイプを製作しました。
純正は42.7Фだったメインパイプを50Фにて製作し、サイレンサーも純正とほぼ同じ位置に2個取り付けてあります
テールエンドはシンプルに60Фのストレートタイプです。



ムーヴ ワンオフマフラー ムーヴ マフラー製作
L902S MOVE のマフラー製作です。

フロント部分から50Фで取り回し、テールエンドは60Фにて製作しました。
出口形状はバンパーに合わせた斜め切で、焼き色を付けたのでシンプルながらも人目を引く リヤビューになりました。
ただ、奥さんには内緒らしく、音でばれないように脱着式のサイレンサーをテールに仕込んでいます(笑)



C10 マフラー製作 シボレー C10 ワンオフマフラー
シボレーC10トラックのマフラー製作です。



V8の両バンクから出たパイプを片側に集合させて、その後に容量の
十分あるセルを使ったメタルキャタライザーを装着し、リヤホーシング
直後で再び左右2本に振り分けて製作してあります。
出口のサイレンサーはお客様の好みでセンター寄りに出したスーパー
トラップでのフィニッシュです。
トラックらしからぬ迫力のあるマフラーです!
シボレー C10 マフラー



ステップワゴン マフラー ホンダ マフラー製作
ステップワゴンのマフラー製作です。

こちらのお車のオーナー様は以前に市販のマフラーを取り付けされたらしいのですが、かなり下がった車高と そのマ
フラーのサイレンサーの大きさとが相まって、駐車する際の輪止めにサイレンサーが擦ってしまうとのお悩みで
ワンオフ製作のご依頼を頂きました。
画像では解りにくいですが、今回のサイレンサーの径は100φでテールパイプは60φとかなり こじんまりしているので
見た目にもすっきりしていて非常に新鮮です。音量は「マフラーを変えてるぞ!」ってな感じなのですがそれでいて
「うるさくない」理想的な音になりました。



サイド管 製作 サイド出し マフラー
69年式 カマロ Z28のマフラー製作です。

こちらの車はサイド出しマフラーにする為にヘッダース後から両サイドのサイレンサーまでの取り回しに
悩まされました。

出来てしまえば、この取り回ししかない!?ってな感じに見えるのですがね。
見た目のインパクトもバッチリで、お客様にも大変満足して頂きました。



モーガン ワンオフ マフラー モーガン マフラー製作 モーガン ステンレスマフラー
モーガンのマフラー製作です。

こちらのモーガンはナロータイプのボディーなのでタイヤとフレームの間が非常に狭く純正のマフラーはパイプの片面を
かなり潰してあるので、オーナー様から、「もっと効率の良い物を」とのご要望を頂き製作させて頂きました。
V6エンジンのエキマニ集合部後の触媒は勿論残してその直後から2分割にて製作しました。
勿論 音もスタイルもオーナー様には満足頂きました。



ハコスカ マフラー製作 ハコスカ ワンオフマフラー
ハコスカ GT-R マフラー
ハコスカ GT-Rのマフラー製作です。

オーナー様のご希望は「最低地上高の確保」と「現在のマフラーより少しでも甲高い音にしたい」との事でした。
マフラー製作時に同時交換して欲しいと 持ち込まれたタコ足が地上高を稼げなかった為に、6in1集合部を加工して
曲げ直し、さらにフランジ分の高さも妥協せず、差込式にして地上高を確保しました。
望む音質になるように1本にまとめたタコ足集合部後にあえて2本に分けた拘りのマフラーです。
高回転まで回した時の音は、手曲げ独特の美しい排気音で最高です。



C3 コルベット マフラー 製作 Xパイプ マフラー
コルベットのマフラー製作例です。

排気効率は勿論、左右のパイプがバランスよく対象的になるように見た目にも最大限拘って製作したマフラーです。
左右各バンクの排気が効率良く干渉するように途中でパイプをクロスさせています。
画像では伝わりきれない程に手間を掛けて製作した例です。



モーガン マフラー作成 モーガン マフラー交換

モーガンのマフラー製作例です。
モーガン マフラー修理
大変貴重なモーガンのマフラーをセンターパイプの差込後より製作させて頂きました。
右の画像の端っこに写っているのが今まで装着されていた純正のマフラーです。
オーナー様のご注文は、「V8エンジンらしいもっといい音」という事と「後ろから見た時のスタイル」それともう一つ
「駐車の際に輪留めにこすらないようにしたい」とのご希望で製作依頼を受けました。
美しく流れるようなリヤのラインを崩さないようにすっきりと、そして適度な斜め切りのテールで気品の中にも
スポーティーさと迫力が強調されるようになりました。
触媒が装着されているので、リヤパイプにはサイレンサーを設けないで製作したのですが、うるさすぎずに
自己主張が十分効いた心地よいサウンドになりました。



FC3S ワンオフマフラー FCマフラー製作
FC3Sのマフラー製作例です。

タービン直後、フロントパイプより一般的なパイプ径76.3φにて製作した例です。
サーキット走行用にセンターサイレンサーも同時に製作致しました。
勿論、センター部のサイレンサーの位置に触媒を装着出来るように製作してあります。



FC3S ストレートマフラー FC3S 90Φマフラー
FC3Sのマフラー製作です。

サーキットでの使用目的なので音量は気にせずに「いい音」にして欲しい と言うオーナー様からのご依頼で
製作した90φストレートマフラーです。
「いい音」を出す為にサイレンサーの構造・容量は勿論、位置にも拘って製作したマフラーです。
街乗りでは勿論、触媒とテールにインナーサイレンサーを装着して走行しなければいけないので
どちらともボルトオンで装着出来るように製作してあります。



SXE10マフラー製作 アルテツ マフラー製作
アルテッツァのマフラー製作です。

この車両はエンジンを2JZに改装してある為に、抜けの良いマフラーの製作をご依頼頂きました。
パイプ径は80φか90φかでオーナー様共々悩みましたが、ウエストゲートが大気開放の為、開いてしまえば二次排
圧が下がると見込んで80φで製作してみました。
音量も十分考慮してサイレンサーはメインとサブの2個、テールパイプは90φ、サイレンサーやパイプの最低地上高
も十二分に配慮し全体的に上品な感じのマフラーに仕上げました。



コペン マフラー製作 コペン ワンオフマフラー コペン 特注マフラー
ダイハツ コペンのマフラー製作です。

純正のマフラーは2本出しで、社外のマフラーも普通は2本だしのコペンですが
見た目だけを考えた2本出しマフラーの効率の悪さに目を付けたオーナー様より
効率重視の1本出しでマフラーを作って欲しいとご依頼を頂きました。
メインパイプは50φですが出口は80φでバンパーに合わせた斜切りで、コペ
ンでは非常にインパクトがあると思います。



アメ車 マフラー Xパイプ 製作
C3コルベットのセンターパイプ製作です。

V8独特のサウンドとトルクを出す為に、ミッション後で左右の排気を干渉させる「Xパイプ」を製作致しました。
ボディー形状に合わせながら排気効率・ルックスなど全てに拘って製作したセンターパイプです。



アメ車 ワンオフマフラー アメ車 マフラー作成
81年式 コルベットのマフラー製作例です。

リヤから見た時のパイプの「Y字」の角度など、見た目にも非常に拘って製作したマフラーです。
オーナー様からの「とにかく かっこよく!あとは任せます(笑)」と言う希望に沿って製作した例です。
ヘッダース後から出口までフランジなしで完全な一本物です。



コルベット マフラー交換 C3 コルベット 触媒
75年式のコルベットのマフラー製作です。

この車は、フレームの穴の中をマフラーが通るタイプなので、触媒直前を差込タイプで製作しました。
勿論、テールパイプの長さや角度も拘りを持ったオーナー様の希望に沿って製作したマフラーです。
サイレンサーはBorlaのステンレスです。



インテグラ ワンオフマフラー インテグラ ターボ マフラー インテグラ 80Φマフラー
DC2 インテグラR のターボ仕様車のマフラー製作です。

市販品では60φ以上のマフラーが少ないインテグラなので、ターボ仕様にしたオーナーさんはマフラーには悩まさ
れてると思います。 せっかくパワーアップを求めてターボにしたのに60φではちょっと・・・って感じです。
ましてやフロントパイプから 抵抗が少なく抜けの良いマフラーともなればワンオフ製作するしかないでしょう。
この車は、よりパワーアップを求めて、タービン直後から80φで製作しています。 もともと純正のマフラーが細い
ので、ガソリンタンク周りなどのスペースが狭いうえに、車高がかなり下がっているので、スペース的にはかなり辛
かったですが、オーナーさんの希望通りのマフラーが出来ました。



キューブ マフラー製作 キューブ ワンオフマフラー
BZ11キューブのマフラー製作例です。

純正で出口が下を向いているマフラーがどうしても気に入らないと言う事と、オーナーのちょっとした
遊び心から、今風なマフラーを製作致しました。メインパイプは50φで出口は60φにて製作しています。
この 太すぎない60φという出口とナナメ出し、ほんの気持ちハネ上げのスタイルがオーナーの理想だったみたいです。
 実際に走行している姿は音量も含めて、なにげない おしゃれって感じです。



SA22C ステンレスマフラー SA22 マフラー製作
SA22C ターボのマフラー製作例です。

タービン直後 フロントパイプからの製作例です。



セリカXX マフラー セリカXX マフラー製作
セリカXXのマフラー製作例です。

触媒後よりメインパイプは60φ、テールエンドは115φでの製作例です。



FC3S 直管マフラー FC FD ストレートマフラー
FC3S競技車両 マフラー製作例です。

タービン後よりオール90Φで製作してあります。

競技用の為、一般公道の走行は出来ません。 


トップへ         戻る